救世主はトレチノイン

救世主はトレチノイン

トレチノインとはシミやしわ、ニキビ跡に効くといわれている有名なお薬です。しかし、誤った使い方をしてしまうと肌荒れの原因にもなってしまいます。そこでトレチノインの正しい使用法について当サイトで詳しくご紹介いたします。

トレチノインの効能や効果

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を保つために重要なビタミンですが、トレチノインは、通常のビタミンAよりも安定性と効果が高いビタミンA誘導体です。
にきび、シミ、シワを治療する塗り薬として使われますが、まだ日本では認可が下りていないため、アメリカから個人輸入したものが国内では使われています。
治療効果は高いと言われているにもかかわらず、もともと人間の血液中に含まれるものなので、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こす心配はありません。
トレチノインは、レチノールの呼び名でシワに効果があるとして、一般のスキンケア商品にも配合されています。
しかしながら、スキンケア商品に含まれている成分では、100分の1の生理作用しかないため、効果は薄いと考えられます。
トレチノインの効能は以下のようなものがあります。
シミの元となるメラニン色素は表皮の一番奥の層にあるため、シミを取り除くには、肌のターンオーバーをスムーズにする必要があります。
トレチノインは、表皮の細胞の分裂と増殖を促し、古い角質を積極的に剥がすことで、一番奥の層にあるメラニン色素を表面に押し上げ、排出する働きがあります。
通常は肌の生まれ変わりは約4週間かかりますが、約2週間で表皮が生まれ変わることを可能にします。
そして、細胞を活発化させるので、コラーゲンやヒアルロン酸が作り出され、シワが改善され、肌に潤いとハリを実感することができます。
それから、にきびに効果があると言われるのは、皮脂をコントロールする働きがあるからです。
にきびは、皮脂分泌が活発になると共に、角質が毛穴を防いでしまうことで起こります。
トレチノインは、皮脂の分泌を抑制し、毛穴を防いでいる角質がはがれるように作用します。
欧米では、にきび治療には大変有効と考えられていて、実際一番よく使われている治療法です。

トレチノインの正しい使い方

トレチノインは強力なビタミンA誘導体で、急激なターンオーバーを行うことで表皮に溜まったメラニン色素を排出する作用があります。
化粧品として気軽に使う人もいますが、元々はシミ治療に使われる医薬品です。
劇薬指定されている成分なので、正しく使用しなければ肌トラブルの元になるので、細心の注意を払って使用する必要があります。
白血病やガンの治療で使用される飲み薬は、催奇性の副作用があることが分かっており、妊婦では使用するのは危険なので、例え塗り薬となっているクリームでも美容のためとして使用するのは控えましょう。
いざ使う場合は、必ずパッチテストを行ってから肌荒れが起きないことを確認して使用します。
まず丁寧に洗顔して、その後に化粧水をまんべんなく顔に塗り、乾いてからトレチノインを塗っていきます。
指に付けてから塗ると、指の皮が剥けたり荒れることになるので、綿棒などを使用してシミからはみ出さないように塗ります。
目の近くに塗ると失明の可能性もあるので、目や口の周囲は避けて塗れば問題ありません。
トレチノインが乾いたら乳液や保湿クリームなどを塗って、顔の保湿をしたら終了です。
これを1日2回、朝と夜に行うことでシミに対して効果を発揮します。2~4週間で肌のターンオーバーが行われるので、顔全体に塗りこんだ場合は、一気に顔が白くなります。
塗った部分の皮がめくれていくとメラニン色素が排出され、生まれ変わったばかりの肌は刺激や紫外線に弱い肌となります。
刺激性のある化粧品を使用すると痛みを伴うこともあるので、なるべく刺激性の少ない化粧品を用意しましょう。
外出時には紫外線を避けるため、保湿クリームなどと共に、UVカットクリームを塗ると良いです。

トレチノインは通販でも買える

トレチノインは通販でも購入することができる皮膚科の薬ですが、自分の肌の状態を見ながら使用しないと美白に失敗することがあるので、皮膚科などを受診して医師から詳しい説明を聞いてから使用する必要があります。
最近ではネット販売などでトレチノインの使用法などを理解しないまま購入する場合がありますが、シミの状態に合わせて濃度などを判断しなければならないので、ネットで購入するだけでは使いこなすことは難しいとされています。
この薬はシミを作り出すメラニン色素を体外に排出する働きを持っているので、肌の表面の細胞を活発化してターンオーバーを早めることでシミが作られにくくします。
市販されている美白用の薬はトレチノインなどの薬の成分が微量にしか配合されていないので作用が弱いためにメラニン色素を排出するような効果を期待することはできません。
トレチノインによる治療は色素沈着が浅い部分で起きている場合に有効なので、深い部分で色素沈着が起きている場合には効果が不十分な可能性があります。
基本的にはトレチノインとハイドロキノンを毎日患部に塗るのですが、ターンオーバーが早まるので皮膚が赤くなるなどの症状がでるので、医師によるきめ細かいアドバイスが必要になります。
また治療をしている期間には保湿剤とオイルで皮膚を完全に保護する必要があるので、毎日複数回のスキンケアが必要になります。
また症状や効き目に応じてビタミン剤などを追加することで効率よくシミを無くすことができます。
また皮膚の奥にできているシミの場合はレーザーによる手術で除去するのが一般的になっています。
またトレチノインの治療に必要な薬としてビタミンEを含んだサプリメントや、ビタミンCを含んだ飲み薬があります。

▼デリケートな悩みである乳首の黒ずみも通販で買えるのでひっそりと出来ますよ
トレチノインとハイドロキノンで乳首を漂白